みどりのゆびTOP 多摩丘陵フットパス・ウォーク 地域農業プロジェクト 日本フットパス協会関連ニュース イベントスケジュール
 
多摩丘陵フットパス1 散策ガイドブック多摩丘陵フットパスまつりご案内みどりのゆび会報HOME
'17/2/12更新
 冬に歩くたのしさ。お気軽にご参加ください。
お知らせ
遠方が多く、もっと近場を増やしてというご意見がありましたので、今年は東京をあちこち歩きます。
一方、フットパス協会の会員が増えており、日本全国の自治体に伺うことが次第に多くなっています。ご希望の方は一緒にお連れしますので、近場も遠方も気楽にご参加ください。
各イベントの申込締切までにお申し込みください
申し込んでも事務局から何も連絡がない場合には、再度お電話ください。
メール:info-m@midorinoyubi-footpath.jp 電話:042-734-5678 FAX: 042-734-8954
携帯:080-5405-3904(神谷携帯)、090-5582-7137(尾留川携帯)、090-7260-6491(鈴木携帯)
●2017年

【フットパス専門家講座2017年】
 ガイドさんにだけでなく一般の方々にも有益なクォリティの高いものです。どなたでもご参加いただけます。

持ち物:弁当、水筒、雨具、  参加費:会員1000円 非会員 1500円 (イベントによって変更あり)
1月10日(火)
集合:
小田急線町田駅10:00
 『フットパス専門家講座:町田街中と町田天満宮がらくた骨董市−外国人も好きな天満宮がらくた市』講師:高見沢邦郎:森口克己

【内容】
正月の町田を観光の観点から見ます。集合は小田急線町田駅東口(花屋のある改札)
2月4、5日 (土、日)
集合:
雪のため電車で行きます。片道約6000 円
【他のまちのフットパスをみてみよう:栄村:雪のフットパス】講師:NPO 法人信州アウトドアプロジェクト 鑓水愛

【内容】:5 日は豪雪地栄村ならではの、雪のフットパス!スノーシューを履いて、白銀の雪原へ。 昼食は、雪上カフェでチーズフォンデュと ワイン、あったかいコーヒーを。4 日は冬の手前味噌づくり。栄村産大豆と産米麹を使って、村の母ちゃんが丁寧に楽しく 教えてくれます。
■料金:15,000 円(プログラム代、レンタル代、3 食費、宿泊代、保険代等)
■宿泊:小滝ふるさとの家 となり 
■定員:8 名(最少催行人数 3名)
■食事:4 日夕食:囲炉裏de 冬のお鍋と田舎ごっつぉ 5 日朝食:小滝米と地卵の朝食/昼食:チーズフォンデュランチ 
■集合/解散:4(土)10:40 森宮野原駅集合/ 5(日) 14:00 森宮野原駅解散 
※越後湯沢駅から直通バスが出ています。交通手段についてはお気軽にご相談ください。
2月26日(日)
集合:交通手段
は事務局にお問
い合わせくださ
い。
【他のまちのフットパスをみてみよう:茨城県行方市:雛祭りフットパス】講師:なめかたフットパス実行委員会(行方市観光協会)

【内容】:
行方の自然と街並みを散策しながら、行方市内に飾られたお雛様を巡る特別イベントです。手作りつるし飾りで飾られた『大山守大塲家郷士屋敷』や『麻生藩家老屋敷記念館』を巡ります。通常は日曜日が休館の大塲家郷士屋敷ですが、雛まつりにあわせて2/26(日)のみ特別開館を行います。また、昨年好評だった『稚児行列』も行われる予定なのでそちらも併せて見学していただきます。
 
時間:9:30〜             午後の部 時間:13:00〜
午前の部受付:道の駅たまつくり  受付:天王崎観光交流センター コテラス
(行方市玉造甲1963-5)       (行方市麻生419-1)
コース:玉造ふれあいコース      コース:麻生陣屋コース
(約1 時間半)             (約2 時間)
参加費
1 日1500 円(昼食・お土産付き) /半日500 円(お土産付き)
申込締切:2 月25日
3月4日(土)
集合:
京王線千
歳烏山駅北改札口(新宿寄り)10:00
★申込締切:2 月25 日(ランチ予約のため)
【フットパス専門家講座:東京・江戸フットパス:千歳烏山−小京都と呼ばれる烏山寺町を散策し、玉川上水緑道経由で、井の頭恩賜公園まで歩きます】講師:田邊博仁

【内容】:
この時期は梅が見頃ですね。26 の寺院が集まる閑静な烏山寺
町、各寺院に梅が点在しています。ここから、玉川上水緑道を経て、井の頭恩賜公園の梅をめぐり、解散いたします。
京王線千歳烏山駅から烏山寺町に向かいます。ここは関東大震災のあと、浅草、築地、
本所、深川などから次々に寺院が移転、現在は26 の寺院からなる寺町が形成されました。周辺の市街化が進むなか、住民によって自主的に定められた環境協定によって、昔ながらの街並みを守ったことから、ここの一角だけが、今も風情あふれる景観と落ち着いた雰囲気を残しています。いつしか、小京都と呼ばれるような歴史と自然に恵まれた地域として、都民の訪れる散策の地となっています。昼は近くの素敵な家族カフェ(要予約)を利用します。午後は、近くの玉川上水に沿って造られた玉川上水緑道を散策しながら、井の頭恩賜公園へ向かい公園内を散策後、解散します。最寄り駅は、JR 吉祥寺駅、三鷹駅、または井の頭線井の頭公園駅です。解散後、最寄り駅への道のカフェなども、お楽しみください。
【コース】千歳烏山駅(10:10)〜烏山寺町入り口(10:30)〜寺町散策〜カフェ・ランチ(12:00
―13:00)〜北烏山四丁目梅林市民緑地(13:10)〜玉川上水緑道・どんどん橋(13:30)〜玉
川上水緑道・ほたる橋(14:30)〜井の頭恩賜公園散策後解散(15:30)
3月25日(土)
集合:】小野路「別所」バス停
10:00AM
【会費】1500 円
保険・昼食代込み
【昼食】小林家で
おもてなし昼食
申込締切:3 月18 日(人数確認)
【多摩丘陵フットパスまつり:やっぱり小野路の桜を見に行こうNPO 法人みどりのゆび−人・自然・歴史・食・地元まるごと体験−】

【内容】:「みどりのゆび」お勧めの桜めぐりコースを歩きます。春に布田道は鎌倉街道を挟んで桜道になります。小野路東にあがっていつもながらの桜の名所数か所を確かめ、下りの桜並木の下を歩きながら大犬久保の里山の山桜を眺めます。街道を渡って大犬久保に至ると今度は今通ってきた桜並木のソメイヨシノや山桜がこぶしの花も交じえた美景となります。この時期小野路は京都の吉野の里にも負けない美しい桜が楽しめます。
お昼は昔のように小林家でおもてなししていただきます。
鶴川駅5 番乗り場から「多摩センター駅行き 豊ヶ丘四丁目」9:32
多摩センター8 番乗り場から「鶴川駅行き 豊ヶ丘四丁目」9:33
4月4日(火)
集合:
小野路「別所」バス停
10:00AM
【会費】1500 円
保険・昼食代込
申込締切:3 月28日
小野路里山交流館行事−桜の小野路めぐり】講師:田邉博仁

【内容】:
毎年恒例の小野路里山交流館行事の小野路の桜めぐりです。歴史の得意な田邉講師によるご案内です。「東光院経由を考えていますが、桜の咲き具合で決めたいと思います」昼食は小野路里山交流館です。
鶴川駅5 番乗り場から「多摩センター駅行き 豊ヶ丘四丁目」9:32
多摩センター8 番乗り場から「鶴川駅行き 豊ヶ丘四丁目」9:33
4月9日(日)
集合:JR 青梅線小作駅 10:20AM
【昼食】弁当
申込締切:4 月3
【フットパス専門家講座羽村のシハイスミレスミレ博士による羽村のスミレ】講師:山田隆彦

【内容】:羽村にある草花丘陵にシハイスミレなどスミレ類や早春の花を訪ねます。
集合は小作駅西口に10 時20 分集合(10 時31 分発の秋川駅行きバスに乗車いたします)なので厳守お願いします。コースは緩やかなアップダウンがありますが、一般向けの山道です。手洗いは、羽村博物館まで途中にありません。羽村博物館には1時30 分〜2 時ころに到着予定です。昼食は浅間岳でいたします。
【コース】小作駅西口→(バス)→恵明学院前--林道--満地峠--浅間岳--羽村博物館-
-多摩川右岸--羽村駅
4月11,12日(火水)
集合:
JR 槻木駅11:40AM
申込締切:3 月11日
他のまちのフットパスをみてみよう:白石川堤−目千本桜 柴田町】講師:柴田町

【内容】:
柴田町は全国でも有数の桜の名所で、日本さくら名所100 選に選ばれた「船岡城址公園」と「白石川堤一目千本桜」は日本さくら名所100 選に選ばれています。土日は船岡周辺は大渋滞、電車も乗れない人がでるなどごった返しているので、今回は落ち着いてご案内できる平日に組みました。昼間だけでなく、夜桜のライトアップも素晴らしいのでお時間のある方にはぜひおすすめの桜ツアーです。
【コース】4月11日は、午後から槻木の入間田地区の縄文の海。入間田地区の一番の売りは、縄文時代に海だった田んぼと入り組んだ丘陵にある田園風景です。昼は新しくできる入間田の民宿でとる予定です。柴田町には夜にも味のあるいいお店がたくさんなりますので、いいところを選んではしごする夜のフットパスも楽しみの一つです。
4月12日は、一般の参加者と一緒に船岡花見のコースを回ります。船岡城址公園や白石川添いの桜並木は一見の価値があります。「樅ノ木は残った」の樅ノ木もめぐります。桜以外にも水仙などの季節の花が見られます。昼食は白石川の河原で桜を見上げながらいただきます。平安時代末期に建てられた古社の八雲神社、ナニコレ珍百景でも取り上げられた昭和レトロな看板や置物が立ち並ぶ、謎の「こだわり街道」も歩く予定です。
4月16、17日(日、月
集合:車で乗り合わせて行きます。
申込締切:4 月9

【他のまちのフットパスをみてみよう:富士五湖トレイル−精進湖と山中湖】講師:精進湖活性化協議会、東大癒しの森「研究所

【内容】:富士五湖は日本の誇る富士山をそれぞれ異なるアングルからの絶景で見ることのできる最高の地域です。その中でも特に美しく見える精進湖と山中湖がフットパスで繋がることになりました。その両方の絶景を楽しみませんか。
【コース】16 日(日)は精進湖の子抱富士を見ながら、中道往還の通る宿場跡や青木ヶ原樹海を巡るか、本栖湖のパノラマ台から絶景を眺めるかのコースを取ります。お昼は地元のレンストランのプロのお食事をいただきます。宿泊は青木ヶ原樹海の中にある民宿「樹海荘」で、心暖かな女将のおもてなしです。帰宅希望者はお帰りになることもできます。
17 日(月)は、目の前に圧倒的な大きな富士山の見える山中湖を巡ります。湖畔の長池集落という、山中湖村の中では一番よく伝統的家並みが残っている地区を歩き、お昼は古民家で地元の羽田さんの手料理での昼食・交流となります。午後は河口湖町や山中湖村の行政や市民の方々、東大演習林や北海道、山梨からの研究者などとフットパスの楽しみについて、パネルディスカッションを湖畔南西の「紅富士の湯」という温泉施設で行います!もちろん、温泉も楽しんで帰ってきます!!
4月22、23日(土、日)
集合:
小田急線町田駅口10:00
チケット申込の関係で申込締切は3 月15 日まで。申込がない場合にはツアー
をキャンセルします。
【他のまちのフットパスをみてみよう:近鉄に乗って関西を歩く】講師:近畿日本鉄道梶F鉄道本部企画統括部 観光宣伝部:下釜恭道

【内容】
昨年近鉄の下釜さんが小野路のフットパスを見にきてくださいました。ご存知のよう
に、近鉄は関西の大きな都市から賢島まで素敵な乗り心地の電車を走らせている企業で、歩くことにも力を入れています。今回は会員制ハイキング倶楽部「近鉄あみま倶楽部」のコースからおススメコースの「山の辺の道」を歩かせていただきます。
「山の辺の道」(桜井駅発、マップ:奈良9)…日本最古の街道と言われています。三輪山を
御神体とする大神神社などバラエティ豊か。全コース中、一番人気です。
http://www.kintetsu.co.jp/zigyou/teku2/pdf/nara09.pdf(参考)「てくてくまっぷ」↓
http://www.kintetsu.co.jp/zigyou/teku2/
5月7日(日)
集合:
JR池袋
駅東口「宮城ふるさとプラザ」10:00(池袋東口サンシャイン方向 35 番出口から出る)昼食はレストランで
【フットパス専門家講座東京フットパス−雑司ヶ谷から本郷】講師:NPO 法人みどりのゆび

【内容】:
池袋から本郷までしっとりした緑の中を通っていくコースを発見しました。多分どんな「東京歩きの本」にも書いてないと思います。みどりのゆびのセンスでお贈りする素敵な道です。池袋はわかりにくいので集合は「宮城ふるさとプラザ」の前とします。(不安な時はお問い合わせ)【コース】池袋〜雑司ヶ谷墓地〜護国寺〜教育の森公園〜つくば大学付属小学校〜小石川植物園〜(面白いいものが見つかればルート変更になる可能性もあり)〜根津神社〜東大周辺。昼食は、このコースのどこかでいいお店を予約しておきます。
5月14日(日)
集合:つくば駅改札口9:15(鶴川、町田どちらも7:19発〜代々木上原7:53〜北千住8:41〜つくば9:15)
他のまちのフットパスをみてみよう:筑波山フットパス】講師:筑波大学教授 前川啓治

【内容】:筑波山の麓を歩きます。美味しい蕎麦や酒造の酒アイスなど食べ物も楽しみです。鶴川もしくは町田から7:19 発の小田急線で、代々木上原から北千住に行き、つくばエクスプレスで終点つくばで降ります。9 時30 分のバスに乗りますので時間厳守で。10:06 に筑波山口に着きます。
【コース】 筑波山麓(筑波山口⇒つくば味工房⇒飯名神社⇒月水石神社⇒筑波山神社⇒神田屋(お昼)⇒男女川酒造⇒神郡)
5月27、28日(土、日)
集合:
JR 篠ノ井
線冠着(かむりき)駅11:45
申込締切は4 月末まで

参加費:13,000円程度(宿泊代・食費)
定員:20名
他のまちのフットパスをみてみよう:長野県筑北村】講師:筑北村役場 宇都章吾

【内容】:
筑北村は長野市と松本市の間に位置し、古くは善光寺街道として栄えたのどかな田園風景が広がる谷間の村です。
1日目【フットパス1】JR篠ノ井線冠着(かむりき)駅11:45着→ネコ駅長によるお出迎えの後、「そば処さかい」にて地元産のそば粉を使った手打ち蕎麦を堪能→里山と谷間に広がる美しい水田の織りなす新緑が見所のコースを散策(3.5km程)。→夕食は地元の方の料理でおもてなし。
2日目 朝、北アルプスを一望できる絶景ポイントへ。運が良ければ雲海が見られます。→9:30【ちくほく朝さんぽ】村で定期的に実施しているさんぽイベントに参加し、地域の人と一緒に北アルプスを眺めながら善光寺街道歩きます。(3km程)→12:00【フットパス2】昼食は自慢の筑北米おにぎりに、信州の味たけのこ汁、朝摘みの山菜の天ぷらを一緒に作って外で食べます。→善光寺街道西条宿を歩く(3km程)→14:49西条駅発
6月9,10,11日(金土日)
集合:まだ予定です。早割チケットの関係で
申込締切は3 月
10 日まで厳守。申込がない場合にはツアーをキャンセルします。
他のまちのフットパスをみてみよう:北海道根室−厚床パスと落石岬パス】講師:エコネットワーク小川浩一郎

【内容】:根室を含む道東方面は6 月はよい季節になります。高山植物をはじめとした花、圧倒的な自然景観を楽しんでいただけると思います。根室市なら伊藤さんのところの厚床パスと別当パス、隣の集落の漁師たちが作った落石シーサイドウェイなど4 ルートほどありますし、今年から旧標津線を使った「旧標津線フットパス」が盛り上がってきて、別海町、標津町にまで広がってきています。おすすめは厚床パスと落石岬パスで、どちらもイングランド的な景観を楽しめます。以下参照
http://www.nemuro-footpath.com/ http://www.nemuro-footpath.com/ochiishi/
概算は飛行機早割で往復3 万(ただし早割)、宿代2 泊で2 万、講師料などで1 万くらい
6月17日(土)
集合:
東大赤門
前10:00予定です。
【フットパス専門家講座東京フットパス−本郷から上野】講師:NPO 法人みどりのゆび

【内容】:
前回の続きです。本郷から上野など、このあたりの風情あるおもしろいフットパスを歩き、美味しい昼食を食べます。この辺は宝物がいっぱいですので、フットパスとして雰囲気を楽しみにしながら歩きます。
6月24日(土)
集合:JR 青梅線奥多摩駅13:00予定です。申込締切は6 月15 日まで。
他のまちのフットパスをみてみよう:氷川渓谷と奥多摩のホタル】講師:奥多摩観光協会 原島

【内容】:去年、雨のため流れてしまった企画です。奥多摩のホタルの大沢さんにお願いして、氷川渓谷周辺を案内してもらい午後5 時ごろ電車にて鳩ノ巣へ、山鳩にて食事会のあと午後7 時ごろから1 時間ほどホタル鑑賞。午前11 時45 分発青梅行きに乗車してください。青梅着12 時19 分青梅着、向かい側ホームに20 分発の奥多摩行きが待っています。乗り換え1 分ですので注意してください。13 時に奥多摩駅で去年案内をしてくれたガイド、小峰さんが待っています。3 時間から4 時間氷川渓谷の散策を楽しんでください。その後鳩ノ巣「山鳩」へ電車で移動、夕食をとったあとに目的のホタル観賞へ。費用は夕食代(飲み代は別)含め、ガイド料込みで一人3,000 円から4,000 円
【問合せ】事務局 пF042-734-5678 メール::info-midorinoyubi-footpath.jp 【緊急連絡】携帯(神谷):080-5405-3904

●2017年CSA年間スケジュール
「緑と農の管理」
〜ご一緒に少し農業やってみませんか〜

★雨天の場合のなど必ず事務局に確かめてからお出かけください。電話042-734-5678 携帯080-5405-3904 
持物:弁当、水筒、軍手、長靴(必要なら)

N NP PO O法人「みどりのゆび」2 20 01 17 7 年1 1〜 〜6 月C CS SA Aスケジュール
★雨天の場合のなど必ず事務局に確かめてからお出かけください。電話042-734-5678 携帯080-5405-3904
2017 年度 「緑と農の管理」 持ち物:弁当、水筒、軍手、長靴(必要なら)
2016/12/17(土) 餅つき(http://www.keisen.ac.jp/institution/farmgarden/news/post-113.html)
2/7(火)恵泉 10:00〜14:00 雑木林の手入れ
2/24(金)恵泉 9:30〜14:00 雑木林手入れ 田んぼ手入れ 籾殻燻炭作り
3/26(日)緑地  竹林(筍伐採)
4/1,8,15,29(土) 竹林(筍伐採)
4/23(日) 竹林(筍伐採)
5/13(土) 竹林(筍伐採)
5/20(土) 10:00〜15:00  里山の秘密基地づくり-みどりの親子探検隊(小林道正理事)
12/17(土) 緑地草刈り
小野路CSAの目的(by恵泉女子大学)
稲作が休止された水田での米づくり活動を中心として、周辺の雑木林、竹林等と合わせて、かつての小野路でみられたような有機的なつながりを持った里地・里山を復活させる。また、この活動を通して、自然と人間が里地・里山で営んできた生態系や文化を学ぶ。将来的には、町田市や多摩市等の市外部に在住する市民の方々にも門戸を開き、農や食をテーマとした地域の核として活動を展開していく。小野路に関わりのある者みんなで地域の農を守ること、また、地域で福祉を支えること、小野路の農と自然を地域の宝としてみんなで残していくことを目的とする。

お申込みは事務局へ

イベント案内 090-7260-6491

 (雨天の場合の中止など、確かめてからお出かけください。集合2時間前よりテープでご案内)
 TEL: 042-734-5678 FAX: 042-734-8954 ホームページ: http://www.midorinoyubi-footpath.jp/

NPO法人「みどりのゆび」
住所: 町田市能ヶ谷町7−38−10
電話: 042−734−5678 FAX: 042−734−8954
メール: info-m@midorinoyubi-footpath.jp



みどりのゆびについて 理事長挨拶 活動の記録 更新履歴 会員募集 個人情報保護ポリシー Webサイト作成ポリシー リンク基準 HOME

Copyright(C) 2008-2010 Midorinoyubi All right reserved.