みどりのゆび 多摩丘陵フットパス・ウォーク
 


【フットバス専門家講座:小野路里山交流館記念行事】 
〜フットパスガイドマップ原画作者と歩く小野路里山散策〜 トーク編
【講師:加藤隆昭(フットパスガイドマップ原画作者)】 

(2015年2月28日(土)9:30〜14:30)

 

【内 容】「みどりのゆび」のマップは日本に新しい地図の文化をもたらしたといっても過言ではありません。発売以来版を重ねるごとに必ず売り切れるロングベストセラーで、他の地図のモデルともなっています。その地図絵を描いたのが加藤先生です。2月より4月5日までその加藤先生の絵を小野路里山交流館で展示しています。先生のトークとその後先生の豊かな自然観察のご案内をいただきながら小野路城からならばいへと歩き交流館に戻ります。
・参加者:16名
・天気:晴れ
神谷事務局長より加藤先生のご紹介。 参加者のみなさまへ加藤先生のマップ作成秘話を。
原画をバックに、豊富な逸話を披露。 「一つの原画決定までに何枚も描くんですよ!」と。
ライフワークの「樹木My図鑑」の1ページ。四季を通して描き上げた樹木の様子(右)と名の由来ほか樹木の特徴など(左)。 「フットパスガイドマップ2−5 小野社から小野路界隈 」の原画。
完成した「小野路神フットパスガイドマップ2−5小野社から小野路界隈」、トークの後、このコースを歩きました。 「万松寺より山側にある六地蔵」フットパスガイド2の裏表紙の原画。
今日歩いた同じ構図の写真。

小野路里山交流館にて4月5日まで開催中(無料)。
 
多摩丘陵のフットパスガイドマップ(35コース)は鳥瞰図的な素敵な水彩画の絵マップ、町田市近郊の本屋さんにて好評販売中、また全国のフットパスマップの基本となっている。この原画作成者 加藤隆昭氏の原画展が「小野路里山交流館」にて4月5日(日曜日)まで開催中。
今日は、この加藤さんの作成にまつわる楽しいトークと「小野神社から小野路界隈」(マップ2−5)の里山フットパスを行いました。土蔵の内壁に飾られた原画を背に、「まず、冬にハッキリわかる常緑樹と落葉樹の区域を、その後、道を丹念に歩き周囲の様子を描く。緑地や畑地や街並みも家を一軒一軒正確に表す。鳥瞰図的に一目でコースが理解できるように仰角図法を取り入れて、・・・」と面白い逸話を取り入れながら。また、ご自身のライフワークである、「樹木My図鑑」と小さい手帳に「昆虫My図鑑」のご紹介もあり、楽しいトークショーでした。(田邊博仁)
ご参考:「フットパスガイドマップ」(2002、2008、2009、2011)の4冊刊行、町田市近郊の本屋および「みどりのゆび」事務局にて販売中。今年は全国へ販路を広げる計画。
主  催:町田市産業観光課&「みどりのゆび」
講  師:加藤隆昭(フットパスガイドマップ原画作者)
事務局:神谷、尾留川、鈴木、川北、田邊
 
トップページへ
みどりのゆびについて 理事長挨拶 活動の記録 更新履歴 会員募集 個人情報保護ポリシー Webサイト作成ポリシー リンク基準 サイトマップ HOME

Copyright(C) 2014 Midorinoyubi All right reserved.