みどりのゆび 多摩丘陵フットパス・ウォーク
 


【フットパス専門家講座:多摩丘陵の植物】 
〜スミレ博士の城ヶ島にイソギクを訪ねて〜
【講師:山田隆彦(日本植物友の会副会長)】 

(2014年11月22日(土)10:00〜14:30)

 

【内 容】「みどりのゆび」の理事でスミレ博士の異名を持つ山田隆彦先生(公益法人 日本植物友の会副会長)のウォークです。ハマカンゾウ、ワダン、イガアザミ、ハマゴウなど厳しい環境に生育する海浜植物を楽しみたいと思います。
【コース】京浜急行三崎口 改札口 10:00AM 時間厳守(10:12のバスに乗車)弁当、三崎口→バス→城ヶ島----城ヶ島灯台----城ヶ島公園----白秋碑→バス→三崎口(15時頃解散)
・参加者:4名
・天気:晴天

 

城ヶ島の南の磯を西から東へ、植物観察を進めました。比較的安全な磯ですね。
これはなんですか? 山田講師の植物観察フット
パスは「いつでも、なんでも、何回でも」質問が基
本です。
 
自らも黄色いイソギクを撮影。手には山田講師のこれまでに観察した城ヶ島の植物メモ、111種類が載っていました。今日はさらに? この斜面にも黄色いイソギクが花盛、10月末から
11月に。
城ヶ島の地層の合間にハマカンゾウ。若葉はうまいですよと山田講師。植物の生態の他に、植物に関する「よもやま話」がいつも飛び出すので誰もが植物好きになってしまう。
黒っぽい地層は大きい粒から小さい粒へ変化。こ
れは海底で撹乱された砂や泥が堆積する際に沈
降速度の差(級化層理)によるもの。約1200万
年前〜440万年前には水深約2000〜3000m
の海底でのお話。
 
シラサギ君の見据える先には釣り人が、その獲物を狙っているかのように。 こちらはアオサギ君。沖には釣り船が。
 
城ヶ島の観光スポット、「馬の背洞門」。関東大震災で約1.5m隆起、以前は海水があり、船で通れたようです。沖に小さく釣り船が。 洞門の丘の上から見る光る海と多くの釣り船。海
(地球)がまあるく見えるのを実感する。
 
この磯をずーと歩いてきた。 ウミウ展望台からの景勝「城ヶ島の落雁」。赤羽根
海岸の東側の崖にウミウが千島列島から渡来する。
上の茶色い部分は関東ローム層、下の黒いのが初
音層。
     
東の海岸へ降りる。 城ヶ島の東の端、安房崎に立つ安房崎灯台。
 
山田講師と参加者たち。 城ヶ島公園へ登り今日の観察会は終了しました。
 
岩場に咲くイソギク。 イソギクとテリハノイバラの赤い実。この組み合わ
せが多く見られました。
 
ハマユウ、別名ハマオモト(浜万年青)。平均15℃、最低▲3.5℃以上のハマオモト線が生育条件。 ハマユウの花が残っていた。温暖な海浜の代表花。
     
トベラの実と赤い種子。名前は扉の木、節分でトベラの枝を戸口にさして疫鬼を追い払った。 シャリンバイの白い花と黒い実。
 
シロダモの花と赤い実。 ハチジョウススキ。葉はススキより太く,厚く手が切
れない。
 
海岸の最前線に生えるオニシバ。 ハイネズ。ヒノキ科、葉は針状で地を這い広がる。
     
ハマエンドウ ハマボッス。白い花が5−6月に咲く。
 
スイカズラの花がまだ。とてもよい香りでした。 センニンソウ。名の由来の仙人の白いヒゲが、果実
から伸びている。
 
オオムラサキシキブの実。 クコの赤い実と薄紫色の花。
 
ヘクソカズラの実、リースにも。 垣根に見られるマサキ。実が熟し裂け赤い種子が。
 
マテバシイの冬芽。  
 
快晴のとても暖かい一日(11月22日)、三浦半島最南端の城ヶ島の磯を、「みどりのゆび」の理事でスミレ博士の異名を持つ山田隆彦講師(日本植物友の会副会長)とともに、厳しい環境に生育する海浜植物観察フットパスの報告です。
城ヶ島は、約1200万年前〜440万年前の海底に火山灰やマグマが堆積した地層が隆起・露出した地質観察の場としても有名です。西側の城ヶ島灯台の磯から、南側の磯伝いに、名所の「馬の背の洞門」や「ウミウ展望台」を通り、東側の安房崎灯台まで、岩場でしたが植物観察をしながら安全に楽しくのんびり歩くことができました。
岩場には、今が盛りの黄色いイソギク、まだ咲いていた白いハマユウ、トベラの赤い実、白い花と黒い実のシャリンバイ、シロダモの雄花、雌花などの花木や、砂浜にはハチジョウススキ、オニシバ、ハイネズ、ハマエンドウ、ハマボッスなどの草系の植物も。みな海浜植物らしくとても触ると厚みのある葉が印象的でした。天気がよく、家族連れや釣り人、沖に浮かぶ三角帆の釣り船も印象的でした。(田邊博仁)
主  催:NPO法人「みどりのゆび」
講  師:山田隆彦(日本植物友の会副会長)
事務局:神谷、田邊
 
トップページへ
みどりのゆびについて 理事長挨拶 活動の記録 更新履歴 会員募集 個人情報保護ポリシー Webサイト作成ポリシー リンク基準 サイトマップ HOME

Copyright(C) 2014 Midorinoyubi All right reserved.