みどりのゆび 多摩丘陵フットパス・ウォーク
 


 第1回 多摩丘陵縦走:いざ鎌倉へ? 
【講師:松本清−横浜北の森を歩く「新治市民の森から三保市民の森へ」】 

(2011年9月27日(火)10:00〜15:53)

 

【内容】多摩丘陵も成瀬、つくし野、長津田周辺のマップ掲載地域の次の地域から多摩丘陵の南端まで縦走する。第1回は十日市場からズーラシアまでを繋ぐ有名な2つの市民の森を中心に歩く。
【コース】: 十日市場駅-新治市民の森-三保市民の森-バス-中山駅15:53
・参加者:14名
天 気:晴れ
 
 新治市民の森入口大きな栗のお出迎 旧奥津邸の入口
 
 旧奥津邸の長屋門形式の表門 旧奥津邸の主屋
  
 新治市民の森入り口 旭谷戸から里山へ入り込む
 
 各所に道標が整備 トイレもしっかりと表示
 
 尾根の森が開け三保町が見える 尾根道を歩く
 
 池ぶちと見晴らし広場の分岐点 見晴らし広場へ到着
            
 池ぶち広場 ここでお昼です。 池ぶち広場での昼食風景
  
 池ぶち広場で昼食後   市内でも有数のシダの宝庫
  
旭谷戸の黄金色の田んぼ風景 地元の栗拾いの方との会話
  
 出入り口です。   東洋英和女学院大を通り三保市民の森へ
  
三保市民の森の道標 「三保市民の森愛護会」の皆様の草刈.
  
 いよいよ出口、バス停です。 お疲れ様、中山行きのバスを待っています。
 横浜市緑区の西部、新治町から三保町にかけて里山と谷戸が入り組む風景を眺めながらの里山歩きです。昔から「北の森」と呼ばれ、広大な山林地帯であったとのこと、今は、新興住宅地に囲まれていますが、市民の森として公開されています。市街地の近くにこんな深い森があるとは驚きでした。私有地の山林の中に散策路がとてもよく整備されていました。
主  催:NPO法人「みどりのゆび」
講  師:松本清
事務局:
田邊
 
トップページへ
みどりのゆびについて 理事長挨拶 活動の記録 更新履歴 会員募集 個人情報保護ポリシー Webサイト作成ポリシー リンク基準 サイトマップ HOME

Copyright(C) 2011 Midorinoyubi All right reserved.