みどりのゆび 多摩丘陵フットパス・ウォーク
 


小野路 新発見 ウォーク: 自然・食・地元 丸ごと体験

(2010年9月18日(土)9:30〜15:30)

 

<コース>
・別所集合(島野坂栄宅)〜大犬久保分岐恵泉女学園方面 ムクロジ〜恵泉女学園、宮内先生と合流〜鎌倉古道〜大犬久保谷戸田〜小野路宿緑地〜関谷の切り通し〜小野路宿〜養蚕農家(島野宅)〜小島資料館〜小野路公会堂 昼食〜<3コース選択>〜その後自由解散
・<3コース>:@カフェ・ショパン・コースA小島資料館見学コースB小野路城址から奈良ばいコース
・参加者:75人
・天気:晴れ
【「小野路の心のおもてなし」の準備(17日)】
・小野路の農家小林さん宅にて、前日よりおもてなしの仕込が始まる。小林文恵さんの指導の下、地元の人々、町田市の職員の方々と会員とその友達、大勢で楽しく準備をおこなった。
 当日(18日)は早朝から、昔ながらの薪と釜で、煮物,豚汁、赤飯などの準備、小野路の心のこもったおもてなしはいかがでしたか。
 このおもてなしは、春と秋の年2回行っています。町田市の職員と会員による草刈も行いました。みなさまが安全で、快適なフットパスを楽しまれるように、「みどりのゆび」のおもてなしの一つです。
【集合と開会式(9:30)】
別所の島野栄宅前に集合し開会式。
・町田市産業観光課小池課長のご挨拶。
・「みどりのゆび」茶谷副理事長のご挨拶。
・神谷事務局長の本日のコース説明とガイド紹介。

 軽くストレッチで準備運動をし安全第一で、小野路の里山ウォークへ出発。
 
別所谷戸から恵泉女学園をめざして(10:00)
・左に開けた里山を眺めながら、のどかな畑に沿って、恵泉女学園方面へ向う。桑原ガイドの谷戸の説明、加藤ガイドの畑の周りに植えた牧草のような「ソルゴー障壁栽培」のお話。
 途中の大きな自生の珍しいムクロジの木があり、緑色の実がなっている。この実の果皮を水の入ったペットボトルへ入れ振ると、白い石鹸の泡立つ実験を行った。昔は洗濯に利用されていたそうだ。
 里道の両脇には、ツルボ、クズ、みずひき、キバナコスモスなどの野草が咲いていた。
妙桜寺と恵泉学園の自然林へ(10:30)
・妙桜寺の駐車場にて桑原ガイド、吉森ガイドの鎌倉古道等の説明。
・恵泉女学園、宮内先生のご案内で、恵泉の自然観察等の教育の場である雑木林を散策。
クヌギ、コナラの多摩丘陵の典型的な雑木林で、薪炭林としての機能回復が困難になりつつある等々の説明も。
恵泉女学園から鎌倉古道に入り、大犬久保谷戸、小野路宿緑地へ(11:40)
・恵泉女学園横の鎌倉古道へ入る。雑木林の中、真ん中が少しくぼんだ鎌倉古道を歩く。右手は先ほどの恵泉の雑木林です。
・加藤ガイドによる大犬久保谷戸の井戸、谷戸田の成り立ち、入会等についての説明。
・「みどりのゆび」神谷より、ここの緑地と山、竹林の管理、手入れを会員が行っている、みなさまも参加をお願いします。
布田道を少し登り、竹林を越え関屋の切り通しへ(12:00)
・「武蔵名勝図会」(江戸後期)の小野路宿の絵図と候文の道標。
・鎌倉古道と布田道の交叉する切り通し。沖田総司が風疹でこの切り通しを馬の背に運ばれて
江戸まで行ったと小島日記に書かれている。
 この切り通しを左折し下ると小野路宿へ、右折すると鎌倉古道で、一本杉公園へ向かう。
小野路宿へ出て、養蚕農家島野宅へ(12::20)
・町田で唯一の養蚕農家島野幸雄さんの説明。群馬から2令(1回目の脱皮後)の幼虫を仕入れ、桑を食べさせ成長させ、4回の脱皮後の繭にして返すそうです。温度管理(28℃以下)が大切で、この夏の猛暑は大変だったとのこと。
・ふ化した時のカイコに比べると体長は約25倍、体重は約10,000倍になるそうです。見学時は、ちょうど桑を食べなくなった5令の蚕(写真)で、来週ぐらいから繭を作り始めるそうです。 
小島資料館へ(12:40)
・小島政孝館長の説明。小野路宿の代々の名主で、24代目である。資料館には江戸後期から明治大正までの4代86年間に渡る小島日記があり、黒船来航の驚きの状況など江戸の庶民の暮らしの様子などがよくわかる。 特に、新撰組に関する資料は貴重である。
・今回は、白洲正子さんが、当館を訪問時の想いで話を初めてしていただいた。
小野路宿 公会堂にて好評の「小野路のおもてなし」をいただく(13:00)
・お疲れ様でした。午前中は盛りだくさんの内容で、ちょっと遅れましたが、いよいよお昼です。
・小野路の伝統の方法で作って頂いた<お赤飯>、<豚汁>と地元野菜の<煮しめ>と<漬物>をいただく、とてもおいしかったです。
・本日の<自然・食・地元 丸ごと体験>はいかがでしたか。食事をいただきながら、いろいろ
の新発見のお話はいかがでしたか。
午後は3コースへ、その後自由解散(13:30〜15:30)
@小野路の高台にあるおしゃれな洋館へ、ピアノの生演奏を聴きながらの紅茶、珈琲を楽しむコース。
A小島資料館の見学、小島家の歴史、新撰組に関する資料など小島館長自らのお話を聞くコース。
B図師・小野路歴史環境保全地域の小野路城、奈良ばいを、さらに、ウォークするコース(下の写真)。
 猛暑の夏のなごりもありましたが、比較的さわやかな一日でした。
午前中は、盛りだくさんの内容で、お疲れ様でした。
本日のテーマは<小野路 新発見 ウォーク>、みなさまの新発見は、どうでしたか?
<地元の方々>と<町田市の職員の方々>と<みどりのゆびの会員とその友達>の一体と
なった小野路の心のおもてなしはいかがでしたか?
今日は、夏の小野路でしたが、小さな花をいっぱいに咲き誇った野草たちはいかがでしたか?
これから、秋、冬、春と小野路のフットパスをお楽しみください。(田邊博仁)
主 催:NPO法人「みどりのゆび」
協 力:町田市(小池、唐沢、五十嵐、山家、望月)
     恵泉女学園(宮内泰之先生)、
     小島資料館(小島政孝館長)
     小野路町内会(小林御夫妻、大沢キヨ、大沢とみ子、山崎、小宮春吉、小宮フサ子、松尾、小林時子、宮脇)

ガイ ド:桑原、吉森、加藤(以上まちだ観光案内人・グループSKY)
     大場、根津、田邊
事務局:関根、佐藤(英)、佐藤(弓)、山田、坂爪、飛田、丸山、門石、鈴木、神谷、鮎田 
・参加者からのお便り
「9月18日小野路歩き」に参加致しました。当日はすばらしい里山歩きをありがとうございました。
とても個人では行けないところを楽しく歩くことが出来ました。
日頃環七の汚れtた空気にそまっている私としましては大いに肺の洗浄をしました。ニュータウン
になり損なった土地がこんなに美しく残っていたことは嬉しいかぎりです。
又、お昼は、心のこもったごちそうが、涙の出るほど嬉しかたです。
町田在来の友人にさそわれて出かけましたが、本当にすばらしい1日となりました。ありがとう
ございました。                                                                                                             世田谷区 斉藤紀
 
トップページへ
みどりのゆびについて 理事長挨拶 活動の記録 更新履歴 会員募集 個人情報保護ポリシー Webサイト作成ポリシー リンク基準 サイトマップ HOME

Copyright(C) 2010 Midorinoyubi All right reserved.