みどりのゆび 多摩丘陵フットパス・ウォーク
 


 第11回 フットパスガイド養成講座:桜お花見ウォーク 町田市内の恩田川に沿って 
【講師:小島資料館 館長 小島政孝】 

(2012年4月2日(月)9:15〜15:00)

 

【内 容】:小島資料館の小島館長にご案内いただき、恩田川の桜を見ながら周辺の史跡を巡りました。 
【コース】:町田駅からバスにて滝の沢バス停に移動。滝の沢バス停(9:45)-わさび川水源-今井川との合流点-南大谷天神-かしの木山自然公園-鞍掛の松-城山公園-杉山神社-東雲寺-堂之坂公苑-成瀬駅(15:00)
・参加者:10名
・天気:快晴
 

 

 滝の沢バス停出発(9:45) コンコンと湧き出る、わさび川水源。クレソンかな?
 
この先から、わさび川は暗渠になります。 正面の道路下を、わさび川が流れています。
  
暗渠の出口を確認です。 丸い構造の暗渠から出てきた、わさびさ川
 
きれいに整備された、わさび川 桜と恩田川とコサギ」コサギがわかりますか?
 
右が「わさび川」と左「今井川」との合流地点、ここから 「恩田川」となります。 日向台の交差点、恩田川は「町田川」と呼ばれ
ていた。S37年恩田川河川工事名がそのまま。
 
コサギです。 水和む恩田川を泳ぐコガモのご夫婦
            
 参加者のみなさま カワズザクラは咲いていました。
  
早咲きのカンザクラ? もう終わりですね。 南大谷天神にて。正保2年(1645年)鎮守
として。御祭神は菅原道真公。
  
 虚無僧寺南松寺があったが、明治の廃宗廃寺により廃寺、 S38年に観音堂として再建された。 南大谷神社本殿、市指定有形文化財。
  
 一間社流造りの本格的な造り スミレも咲きだしました。
  
望の良い公園から町田中心街を 鎌倉古道
  
 鎌倉古道の説明 鞍掛の松公園
  
 「鞍掛」地名になっています。 ソメイヨシノ、もうすぐ見ごろに
  
 恩田川と桜並木 城山公園成瀬城跡、眼下に鎌倉街道を見渡せる
高台に
                  
 恩田川の魚道、センターとか左右に工夫されています。 東雲寺釈迦堂。高さ10c余りの誕生釈迦仏立像。
7C後
半の関東では最古の鋳銅像
  
 井戸石見守弘道の妻の墓と石碑 杉山神社
  
 堂之坂公苑、井戸石見守弘道の穀倉があった所で、妻と子 息が余生を送った住まい跡 苑内の水琴窟の音色を聴く
  
 このあと成瀬駅で解散しました。  
 恩田川の源流の一つ「わさび川」の水源地からこの川に沿って、途中、南大谷天満社、かしの木公園、恩田川の桜並木、東雲寺、堂之坂公苑、成瀬駅までの自然と史跡めぐりのフットパスでした。桜の開花が今年は遅れています。それでも何本かの桜に出会いました。(田邊博仁)
主  催:NPO法人「みどりのゆび」
講  師:小島資料館 小島館長 
事務局:鈴木、鮎田、田邊
 
トップページへ
みどりのゆびについて 理事長挨拶 活動の記録 更新履歴 会員募集 個人情報保護ポリシー Webサイト作成ポリシー リンク基準 サイトマップ HOME

Copyright(C) 2012 Midorinoyubi All right reserved.