みどりのゆび 多摩丘陵フットパス・ウォーク
 


第10回多摩丘陵フットパスまつり〜小野路の里の桜めぐり〜 
(2010年3月28日(日)9:30〜15:30)

 

 <コース>
小町田「別所」バス停〜別所 布田道〜小野路五叉路〜別所〜大犬久保分岐〜妙桜寺〜恵泉女子大 鎌倉古道〜大犬久保谷戸〜小野路宿緑地〜関谷の切り通し〜小野路公会堂 昼食〜<3コース選択>〜小野路辻・八王子道〜小野路城跡〜奈良ばい新コース〜小野路宿戻り〜解散
3コース:?ショパン・コース?小野路城址から万松寺コース?小野路城址から奈良ばいコース

参加者:112人
天気:うす曇り、ちょっと寒かった。 
 【集合(9:00)と開会式(9:30)】
別所に集合し開会式。
・神谷事務局長(左)の本日のフットパスの概要説明。
・町田市産業観光課小池課長(中)のご挨拶。
・解説者、宮田太郎氏(歴史古道専門家)(右)のご挨拶と本日 
 のコースの説明を。
・ガイド、まちだ観光案内人(鈴木(宗)、加藤、桑原)の紹介。

総勢112人、軽くストレッチで準備運動をして、いざ小野路の里へ出発。

    
別所から東の布田道をめぐり再び別所へ(9:45)
別所から鎌倉街道を渡り、東の布田道を上がると、広い畑と桜と花モモの美しい景色のよい場所へ出る。丹沢が見え、晴れていれば富士山も見える。少し上がり、小野路給水所近くのさくら並木を降りる、ここからは、反対側のこれから行く小野路の里山の風景がとてもよい眺めである。そして再び別所へもどる。
【別所から妙桜寺へ(10:30)】
別所から妙桜寺へ、ここの里道、里山の景観が素晴らしい。途中、宮田先生の説明を聞き、菜の花畑など気持ちのよい里道を歩き、恵泉女学園教育農場を通って、妙桜寺へでる。
  
【妙桜寺、恵泉女学園から鎌倉古道に入る(11:00)】
妙桜寺にて、歴史古街道専門家宮田先生から、豊富な資料に基づいた多摩丘陵の古代道と鎌倉道の説明を受け、恵泉女学園横の鎌倉古道へ入る。雑木林の中、真ん中が少しくぼんだ鎌倉古道を歩く。
   
 【大犬久保谷戸を通り、小野路宿緑地 みどりのゆび管理地へ(11:20)】
「昨年のフットワークが楽しかったと」今年もおばあちゃんといっしょに参加の兄妹、元気で、一番乗りで到着。
<みどりのゆび>神谷より、ここの緑地と山、竹林の管理、手入れを会員が行っていると説明。
ここから再び布田道へ入ります。
             
 【関屋の切り通し(11:40)】
鎌倉古道と布田道の交叉する切り通し。沖田総司が風疹でこの切り通しを馬の背に運ばれて江戸まで行ったと小島日記に書かれている。布田道はこの切り通しを左折し下ると小野路宿へ、右折すると鎌倉古道で、一本杉公園へ向かう。
  
 【小野路宿 公会堂にて好評の「小野路のおもてなし」をいただく(11:50〜13:00)】
地元農家で収穫された野菜、手作りのお饅頭の販売も盛況、よこっちょにフットパスマップ等もしっかりと。午前4時から、地元の方々に、地の食材で、伝統の方法で作って頂いた<お赤飯>と<けんちん汁>はお祝いでも不祝儀でも名を替えて振舞われる郷土食。煮しめも、ほうれん草のゴマ汚しも大変おいしかったです。
小野路町内会長の田極さん、地元農家の小林さん、「おもてなし」をつくっていただいた町内会のみなさま、ありがとうございました。
  
     
  
      
 【午後は3コースへ、ピアノカフェ・ショパン コース(13:10)】
小野路の高台にあるおしゃれな洋館へ、ピアノの生演奏を聴きながらの紅茶、珈琲を楽しむコースです。
   
 【図師小野路歴史環境保全地域の山道を上がり小町井戸へ(14:00)】
残り2コースは小野路城址を目指し、山道へ入る。里山と美しい雑木林を歩く。山道の下に、小町井戸が現れます。ここは、平安時代に小野小町がこの山に千日篭り、この井戸の水で眼を洗い眼の病を治したとの伝承があります。この涌水は涸れたことがないとのことですが、この日は小さな水溜りの感じでした。
   
 【小野路城址(14:10)】
すぐ上の丘を登ると小野路城址である。鳥居をくぐると小さな祠があり、本丸跡と思われる広場になっている。
宮田先生の説明を聞く。ここで万松寺へ下るコースと奈良ばい新コースを巡るコースに分かれる。
  
 【奈良ばい新コースをめぐり小野路宿に戻り解散(15:30)】
町田市が整備した新コースを歩く。背の高い細い竹林を切り開いた道、美しい太い孟宗竹林の道を歩く。しばらく山道を歩いて行くと、小山田緑地が見えてくる。さらに下がると、奈良ばい結道へ出る。ここからバスで一部の人が帰途に。広々とした奈良ばいの谷戸を眺めながら上がり、小野路宿へ戻り、解散しました。
    
  
 
解説:宮田太郎(歴史古街道専門家)
ガイド:加藤瑞枝、桑原秀夫、鈴木宗一(以上まちだ観光案内人・グループSKY)
    高野憲明、田邊博仁、大場剛、根津正治
協力:小野路町内会
主催:NPO法人「みどりのゆび」
後援:町田市
会報 平成22年(2010)5月号より
「恒例の町田さくらまつりイベントとして、春のフットパスまつりに、112人の参加をえて実施されました。今回の特徴は、新しい構想のもとで、町田観光ガイドさんたちをお願いしたことです。
宮田太郎先生のリーディングと、ガイドさんたちの細かなフォロー、また受付、撮影、導引など主催者側への積極的なご協力によって、今までで最高のご案内となりました。」


トップページへ
みどりのゆびについて 理事長挨拶 活動の記録 更新履歴 会員募集 個人情報保護ポリシー Webサイト作成ポリシー リンク基準 サイトマップ HOME

Copyright(C) 2010 Midorinoyubi All right reserved.