みどりのゆび 多摩丘陵フットパス・ウォーク
 


第27回  【フットパスガイド養成講座:高尾山植物観察】 
〜「スミレ博士の高尾山スミレ」〜
【講師:山田隆彦(日本植物友の会副会長
】 

(2013年4月14日(日)10:00〜15:30)

 

【内 容】高尾山には多くの種類のスミレがあります。また、春の妖精が可憐な花をつけています。裏高尾のひっそりしたコースにタカオスミレ、ナカバノスミレサイシン、エイザンスミレなどスミレ類やヒトリシズカ、ヨゴレネコノメ、ニリンソウなど、春の植物を楽しみました。
【コース】JR高尾駅(10:00)→(タクシー)→大垂水峠----城山(昼食)----(日影沢林道)----日影→(バス)→JR高尾駅(16時頃解散)
・参加者:13名
・天気:晴れ(悪天候予報であったが)

 

今日のコースマップ。中央下の大垂水峠からスタート、小仏城山で昼食、午後は中央の点線の日影沢林道を下り、ゴールは日影バス停。 高尾駅からタクシーで大垂水峠へ。ここからスター
ト(10:30)。
 
狭い道を登る。すれ違う人と声掛け合って道を譲ること多々。 「葉を折ると匂いませんか?」と、コクサギ(小臭木)
の葉の匂い体験。
 
途中で何回も、植物のふしぎな楽しいお話。ここではミミガタテンナンショウの補虫作戦。 ルーペで詳細に観察。
  
またまた楽しいお話。天気も良く、新緑も美しい。 新緑が芽生え、アブラチャンの葉が美しい。
  
スギ林も美しい。高尾の自然は昔から保護林として大切に残されてきた。 ニオイタチツボスミレ(匂立坪菫)の匂いはどんなか
な?
  
「あれが**です」と。もうすぐ城山です。 もうすぐ城山頂上です。
     
関東ふれあいの道の道標。スタートの大垂水峠から1.7km、城山まであと0.1km。高尾山口まで6.2km。 城山頂上は人人のラッシュ。ここで昼食。なめ
こ汁、おでんも評判だった(12:30~1:10)
  
小仏城山の山頂には木彫りの天狗像。 城山での昼食風景。
  
日影沢林道への道標。 午後、日影林道を下り始める。スギ林が切り開か
れていました。
  
植物のふしぎのお話は午後もいろいろ。午前に出会ったスミレの名前の確認テストも。 オオイヌノフグリの花と小さなフグリの実を手に、繁
殖力の秘密、自家受粉のお話。
 
今日の参加者、植物に詳しい方々が多かったですね。 杉木立と沢(右)のさわやかな林道を下る。
  
日影沢林道の道端にもスミレや野草が咲いています。 日影沢沿いには白い清楚なニリンソウの群落。ロ
ープを張り保護の立札も。
  
日影バス停からの新緑の眺め。バス停には長蛇の列、いっしょに乗りきれないようなのでここで今日は解散としました(15:30)。 葉は丸いマルバスミレ(丸葉菫)
  
青くとても可愛いヤマルリソウ(山瑠璃草)。 葉が鳥の足みたいに切れ込んでいるエイザンスミレ
(叡山菫)。
   
清楚なヒトリシズカ(一人静)。 鮮やかな色のクサボケ。
  
青く低く咲くヒメリンドウ(姫) 風に揺れて可愛らしいイカリソウ(錨草)
   
匂いを楽しめるニオイタチツボスミレ(匂立ツボ菫) 小さな可愛らしいセンボンヤリ(千本槍)
  
大きな花のアケボノスミレ(曙菫) 小さく黄色が生き生きミツバツチグリ(三葉土栗)
  
茶色い葉のタカオスミレ(高尾菫)
今日も、ミシュラン三ツ星の高尾駅前は人人人で大混雑、「みどりのゆび」集合地はどこ?駅からタクシーに分乗、大垂水峠(398m、\2600)へ。山田講師の「今年は桜同様、スミレも咲く時期が2週間早まり、ちょっと残念ですが」のご挨拶でスタート(10:30)。ここから裏高尾の小仏城山(670m)まで1.8km。細くて、急な斜面もあり、すれ違うハイカーと声をかけあい道を譲り合いながら、一歩一歩登る。途中、山田先生のいつもながらの植物解説の楽しい話、ミミガタテンナンショウの捕虫方法、コクサギの葉の匂い体験、銀座のミツバチの話も飛び出しました。スミレもエイザンスミレ、マルバスミレ、ナガバノスミレサイシン、ニョイスミレ、ニオイタチツボスミレ、そしてアケボノスミレが現れ、写真を撮ったり、匂いを嗅いだり、ルーペ観察したりと楽しんでいるうちに小仏城山(670m)へ到着(12:30)。ここも人人のラッシュ・大銀座、昼食を。バイオの新設トイレがキレイ。
午後スタート(13:10)、ここから緑の美しい日影沢林道を日影バス停まで約3km下る。途中、午前中におぼえたスミレの名前の確認テストもしながら歩くと、新たにアカネスミレ、コスミレそしてタカオスミレが現れました。オオイヌノフグリの花の秘密話、チャルメラソウ、フタバアオイなど珍しい花など見ながら、日影沢の渓流のさわやかな道、ニリンソウの群落が見事でした。保護ロープが張られていたのが悲しい。「昔はもっとたくさんのスミレはあったんですよ。」と参加者の声が。帰りの日影バス停も長蛇の列、ここで解散(15:30)、バス3台に何とか分乗して帰途につきました。(田邊博仁)
主  催:NPO法人「みどりのゆび」
講  師:山田隆彦
事務局:神谷、田邊
 
トップページへ
みどりのゆびについて 理事長挨拶 活動の記録 更新履歴 会員募集 個人情報保護ポリシー Webサイト作成ポリシー リンク基準 サイトマップ HOME

Copyright(C) 2012 Midorinoyubi All right reserved.