みどりのゆび 多摩丘陵フットパス・ウォーク
 


【他のまちのフットパスをみてみよう:山中湖のフットパス資源探索会】 

【講師:宮田太郎(歴史古街道研究家)】 

(2016年3月17日(日)10:00〜15:30)

 

【内 容】宮田先生は山中湖村へつながる様々な古街道(吉田道、道志道、籠坂道、鎌倉街道など)と、河口湖とつながる歴史、鎌倉幕府の和田義盛(三浦氏)伝説、古代遺跡の謎も絡めてフットパスコースに沿う歴史資源を探索してくださっています。 前回は河口湖の産屋が崎や鎌倉街道河口湖浅間神社などを探索しましたが、今回は長池地区を中心に、長池地区から忍野八海や富士吉田の徐福の墓のある小明日見地区までの古道や平安鎌倉古道、その他暮らしの道などをテーマにしたコースづくりを考えています。徐福ともご縁がある長池の古民家のお宅で郷土料理のおもてなしがあります。車に乗り合わせで行きます。
【場  所】山中湖
・参加者:23名(山中湖村、富士吉田市、東京大学富士癒しの森研究所、長野駒ヶ根、町田「みどりのゆび」)
・天気:曇

    

富士吉田市下明海地区の徐福公園・徐福像とともに。 生憎の天気でしたが、山中湖長池親水公園の駐車場へ集合(10::40)。
 
宮田太郎講師(古街道研究家)より本日のコース概要の説明。参加者23名。(10:50) 曇り富士山は見えない。山中湖では釣り人を多く見る。
旧役場跡を入り、長池地区の探索開始。この湖畔の通りのケヤキ並木にはヤドリギが多く目につく。 2〜3月頃には冬の渡り鳥であるヒレンジャクやキレンジャクがヤド
リギの実を食べにやってくるそうです。
 
雰囲気の良い長池地区の小径へ入る。 笠付双体道祖神が祀ってある。1761年(宝暦11年8月)建立との
説明。
 
先祖代々長池に住んでいる羽田さん宅に代々受け継がれた話などお聞きする、ここは鎌倉道と伝わると。(11:10) 羽田さん宅裏山の鎌倉道に入る。
 
長池・山の神。この地を去った徐福の子孫が祀っていた伝説のある祠。長池の人々に「山の神」として長く祀り続けられている 「山の神」のまわりには太い木々が生い茂っている。
  
「山の神」の山の下が羽田さん宅の古民家。(11:40) 羽田さん宅で郷土料理をいただく。(12:00)
 
お汁は「もろこしのおつけだんご」。昔のもろこしは実がでっかく、軒下に干し、粉を棒状にして汁に入れて食べた。 食後に長池を歩く。長屋門など、湖畔道路から一歩入ると農村風景
が広がっていた。(13:00)
 
旧長池・忍野古道。長池集落から忍野・内野に抜ける荷馬車が通れる道として利用されていた。(13:10) 入口はとても整備されている。途中まで古道の確認に入る。
       
長池から車で移動。途中、古道の痕跡を検証する。次に、ここ「花の都」近辺の内野用水路を見る。明治時代に整備された山中湖を水源とする忍野村の内野集落へとひかれた農業用水。(14:15) この花の都公園付近は富士山噴火で流れた溶岩の上に畑地や田
んぼを作った地域。
  
 国指定天然記念物「ハリモミ純林」を含む森林で、山梨県山中湖村の山中湖北側の鷹丸尾溶岩流上に生育した原生林。(14:40) ハリモミの原生林へ向かう。今は赤松が多い。
     
溶岩が浮き出でいる。 次に移動して、約1200年前の鷹丸尾溶岩流を見る。(15:00)
 
鳥居地峠にて。尾根にそった鎌倉往還堂がこの道らしい。(15:40) 鳥居地峠(1020m)、霧が立ち込める。
 
次に、鳥居地峠を下り、霊水の硯水不動湯に立ち寄る(16:10)。 杓子山への登山道入口になっている。
 
この頂上に「徐福の祠」がある(17:20)。 「徐福の祠」と伝わる。
 
富士吉田市子明見地区の徐福の祠のある山。周囲の見晴らしが極めてよい。 徐福公園があり、徐福の像が立っている。
 
徐福像と一緒に記念撮影後、解散。 お世話になった東大の斉藤先生ご夫妻。
 
山中湖村のお世話になった中村さん。ここで解散(17:50)。  
 
「みどりのゆび」は山中湖村のフットパスコース作りに参画、これまでに何回か訪れ、フットパスコース作りのアドバイスを行ってきた。今回は、古街道研究家・宮田太郎氏とともに、前回の河口湖周辺の徐福探索会(2015.10.4)に引き続き、長池地から富士山溶岩流出上の花の都公園付近、さらに鳥打峠を超え、富士吉田の明見地区を車でまわり、鎌倉道、忍野古道の痕跡を追跡、また山梨に伝わる徐福伝説(徐福を祀った祠、徐福像)を追った。昼食は長池の古民家にて郷土料理をたっぷり頂いた。
参加者は山中湖村、富士吉田市、東京大学富士癒しの森研究所、長野駒ヶ根、町田「みどりのゆび」から総勢23名、車8台での途中移動。天気は残念ながら終日曇りで富士山の姿見えず。
*今年1月、中国で「徐福伝説」のテレビドラマ化(張紹林監督、「徐福東渡」(仮)、2017・3月完成予定、1回45分、計60話)のロケハンが富士吉田市、小明見の明見湖近くの「徐福公園」の徐福の石像や徐福の墓を見学。(田邊博仁)
主  催:NPO法人「みどりのゆび」
講  師:宮田太郎(歴史古街道研究家)
写     真:田邊
事務局:尾留川、神谷、鈴木(郁)、田邊
NPO法人「みどりのゆび」Facebookページ:
https://www.facebook.com/midorinoyubi.footpath/photos/?tab=album&album_id=1002751993094007
 
トップページへ
みどりのゆびについて 理事長挨拶 活動の記録 更新履歴 会員募集 個人情報保護ポリシー Webサイト作成ポリシー リンク基準 サイトマップ HOME

Copyright(C) 2014 Midorinoyubi All right reserved.