みどりのゆびTOP 各地のフットパストップへ
 

 


長井市「花ウォーク〜白つつじと最上川フットパスを歩く」への交流参加

5月16-17日、山形県長井市にて「花ウォーク〜白つづじと最上川フットパスを歩く」に交流参加をしてまいりました。町田市とみどりのゆびから計8名の参加がありました。

生憎、2日目は雨でしたが、寒くはなく、関係者の心温まる対応もあり、現地ならではのフットパスを堪能してまいりました。とりわけ、雄大なる最上川、まちなかを埋め尽くした白つつじ、そして江戸時代の情緒を忍ばせる「やませ蔵通り」は印象に残るものでした。
「やませ蔵通り」の旧家を見学中、偶然、玄関先で厄払いに廻ってきた伝統の黒獅子舞に出合い、所作を間近でを見ることができたのことは幸運の一語です。

交流会では、市長もご出席頂き、長井市と町田市とのフットパスを通じての深い絆を感じたところです。

主なコース
16日 棚田百選の「くぬぎ平の棚田」、県指定の最上川ビューポイント、桜公園、ワイン城、りんご温泉
17日 フラワー長井線「時庭駅」集合、菅原白龍旧宅、最上川フットパス、白つつじ公園、やませ蔵通り、長井駅
                     《参 加 記》                 事務局  鮎田公子   

4月の勝沼フットパスに続いて長井の最上川フットパスに参加してきました。

「五月雨をあつめてはやし最上川」芭蕉が訪れたときも雨だったようですが、私たちも雨の最上川でした。行くまでは、最上川沿いの農村地帯と言う認識しか無かった長井は、最上川の水運を利用して米沢藩の商都として栄えただけあって、豪商の屋敷が並ぶ町でした。京都との物資の取引でもたらされた京文化が根付いている町でもありました。

長井のフットパスの魅力は最上川です。「最上川」は源流から河口まで山形県内のみを流れる、純粋な山形っ子です」と長井の方々は誇らしげでした。川は旅情をかきたて、とりたててのものが無くても思いをめぐらせながら歩けます。岸辺の山藤、花うつぎ、野草などキョロキョロとしているうちに、いつも気がつけば最後尾になってしまい、長井の方々から「お疲れでないですか?大丈夫ですか?」と優しいお声を掛けていただくことになってしまいました。

前日の、田植えが始まって水をたたえた、伸びやかな、美しいくぬぎ平の棚田をはじめとするレトロバスによるスポットめぐりも楽しいものでした。その夜の、市長さんを交えての長井の方々との交流会も素晴らしいものでした。互いのフットパスへの取り組み方、これからの展望など話しはつきません。持ち込まれた地酒は、下戸の私にも美味しいもので、重いのもものとせず、お土産に買ってきました。観光地めぐりでは味わえない、新しい出会いが得られるのが嬉しく、フットパス運動に嵌って行くようです。こうして私の引き出しの中の宝物が増えて行きます。

今回、会員さんがお二人参加してくださったことも嬉しいことでした。このお二人が呼び水になって、次回からはもっと参加者が増えてくれることを願っています。


出迎えのレトロタクシー
くぬぎ平の棚田
最上川
最上川フットパスで
最上川フットパスで
最上川フットパスで
交流会で挨拶の内谷重治長井市長
17日の集合地時庭駅
準備ストレッチ
最上川フットパス
最上川フットパス
最上川フットパス
白つつじ公園での記念写真
やませ蔵通り
味噌造りの旧家
黒獅子舞
総宮神社、(直江兼嗣手植えの一本杉あり)
フットパス終点での温かい心づくしのお茶

フットパスまつり   各地のフットパストップへ
みどりのゆびについて 理事長挨拶 活動の記録 更新履歴 会員募集 個人情報保護ポリシー Webサイト作成ポリシー リンク基準 サイトマップ HOME

Copyright 2009 Midorinoyubi All right reserved.