みどりのゆびについて 多摩丘陵フットパス 宮田太郎歴史古街道シリーズ 小野路宿緑地管理作業 多摩・三浦丘陵会議 イベントスケジュール
舞岡ふるさとの森から舞岡公園まで 2003年7月20日 いざ鎌倉6 (多摩丘陵探検隊16)
会員の小野島さんから写真をいただきました。


7月20日午前9時30分。横浜市営地下鉄舞岡駅に集合。
駅前の「舞岡ふるさと村」総合案内板前で本日のウォークの説明を受ける。
大人28名、子供3名。総勢31名。「いざ鎌倉」にスタート。
「舞岡ふるさと村」総合案内板前
案内板向かいのハム工房前に勢ぞろいした子供たち。元気いっぱいです。工房では手作りハムやソーセージが販売されておりました。 ハム工房前
「虹の家」から「ふるさとの森」に向かう「みどりのゆび」。
あぜ道わきの水稲と丘のみどりがみごとです。
あぜ道わきの水稲と丘
「ふるさとの森」を抜け「舞岡公園」の「瓜久保の池」へ。通称「カッパ池」。カッパが相撲を取っていました。池にはスイレンが咲き、子供たちがザリガニやメダカをすくっていました。 舞岡公園」の通称「カッパ池」
中丸の丘からみどりの眺望を楽しむ子供たち。後ろ姿が愛らしい。 中丸の丘からみどりの眺望を楽しむ子供たち
小谷戸の里の広場で竹馬に挑戦する少女。「それ、ガンバレ!」 小谷戸の里の広場で竹馬に挑戦
「もみじ休憩所」で昼食。気温が上がり蒸し暑さも加わって一同ややバテ気味です。 もみじ休憩所
「もみじ休憩所」を出発、「舞岡公園」を後にJR根岸線本郷台駅に向かう。「根岸線開通前は一面たんぼと畑とみどりの丘でした。すっかり住宅地になってしまって…」と語る事務局員。 JR根岸線本郷台駅に向かう
行き場を失った「庚申塚」と「道祖神」。仲良く同居してコンクリートの擁壁に納まっていました。 「庚申塚」と「道祖神」
終点の本郷台駅前。「本日は暑いのでコースを短く取りました。
いよいよ9月は鎌倉に入ります。ご期待下さい。本日はご苦労さまでした…」。14000歩のウォークでした。




写真と文: 小野島營さん
本郷台駅前
< 多摩丘陵フットパスへ戻る
多摩丘陵探検隊の詳細は「活動の記録」として掲載しておりますのでご覧ください
みどりのゆびについて  理事長挨拶  活動の記録  更新履歴  会員募集  HOME

Copyright 2005 Midorinoyubi All right reserved.